短歌連作『Disc2』

新作短歌9首による連作です。
岡野大嗣 2022.09.22
誰でも

へたに連絡はできない ゲームでもして生き延びてくれていたらな

無くなった歩道橋から見えていた観覧車から手をふった町

エスカレーターが平らになるところ隠れた名曲みたいな駅の

ガチャガチャがたくさんある場所へ行こう さみしいし立ち話もなんだから

むずかしいほうの〈を〉って久しぶりに聞いたよ 久しぶりに言ったでしょう?

雨やどりしながら浴びるぼろぼろの遊園地でぼろぼろの光を

銭湯の〈ゆ〉がまふたつに割れていくからだを置いてさめていく夢

押し当てる頬 (生きていて) オレンジのランプまばゆいまばゆい窓に

Disc1 さみしいことがうれしいに変わりはじめるころ Disc2

無料で「たやすみなさい通信」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら