短歌連作『ねていたのかも』

新作短歌13首による連作です。
岡野大嗣 2022.04.01
誰でも

空いていくたびにまぶしくなるバスにリュックを抱きしめて眠るひと

ゲルインク新色どれも気になって春めく試し書きのあいうえお

白っぽい空をバックに白い雲 おしゃれ上級者のそれらしく

赤いのが転がってくる 蹴った子が追いかけてきて追い越していく

目をとじてどっちに進んでいるのかをわからなくする 車窓がよくて

connected disconnected connected かつて栄えた地下街を抜け

中華屋のテレビにうつる球場のあかね空 みんなして見ている

ゆるかった坂がとつぜん坂になりたぶんふりかえるといい景色

パフェ越しにぜんぜん写ってくれていい またいつかゆっくり来ましょうね

あとがきにかえて、みたいに咲いている桜 そういう気持ちの夜に

くたびれているのに渡る歩道橋ほんとになんで渡ったんだろう

マンホールの下から水の音がする耳を近づけると澄んでいく

借りてきた漫画に貸した音楽が流れるシーン いったんとじる

「たやすみなさい通信」をメールで読みませんか?

無料で「たやすみなさい通信」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。